シミ対策に!シミに効果的なスキンケア方法3つ!

年齢とともに増えてくるシミ。

シミが出来てしまうとそれだけで憂鬱な気持ちになり、老け顔の原因にもなってしまいますよね。

いつもちゃんとスキンケアしているのに・・・

気になるシミを作りたくない!

できてしまったシミを目立たなくしたい!

とお悩みの女性の方も多いのではないでしょうか?

今回はシミ対策に効果的なスキンケア方法を3つご紹介します。

憎いシミを予防して、年齢に負けない美肌を手に入れましょう!

メラニンの生成を抑えてシミを予防する

まず、シミのできる原因の1つは、紫外線をあびることでシミの原因になるメラニンが生成されることです。

メラニンの生成を予防するには、しっかりとスキンケアで予防することが大切です。

まず、外出する際は、必ず日焼け止めクリームを塗りましょう。

SPFという数値が高いものを選ぶとより紫外線から肌を守るのに効果的です。

数値が高いと肌に負担がかかる・・・というイメージですが、最近は低刺激タイプも多く販売されています。

また、日頃使用する基礎化粧品なども、メセレプロンやビタミンC誘導体などのメラニンの生成を抑える働きのある成分が配合されているものを使用するといいでしょう。

乾燥を防いでターンオーバーを正常化する

シミのできる原因のもう1つは、乾燥です。

肌が乾燥してしまうと、肌が生まれ変わる周期であるターンオーバーが乱れてしまいます。

本来メラニン色素は、ターンオーバーにより自然に体の外へ排出されるものなのですが、ターンオーバーが乱れてしまうと排出されずに肌に残り、それがシミになってしまいます。

肌を乾燥させないためのスキンケアが重要です。

化粧水をたくさん塗ればいいのかな?と思ってしまいますが、水分は蒸発してしまうので、化粧水だけでは保湿できません。

では、クリームなどの油分が多いものをたっぷり塗ればいいのかというとこれも違います。

油分は最後にふたをしたりバリアする働きはありますが、肌の根本的な保湿にはなりません。

保湿におすすめなのは、たっぷりの水分を含み、バリア機能を備えたジェル状の基礎化粧品が効果的です。

肌の摩擦を避ける

毛穴など肌の汚れを落とそうと、ついついゴシゴシと力を入れて洗顔してしまいがちですが、肌に摩擦をかけるのはよくありません。
実は、肌が摩擦によって傷ついていると、炎症を起こしやすくシミができてしまうことがあるのです。

また、肌への刺激が原因でシミが出来やすい敏感肌になってしまったり、ニキビができたところで色素沈着が起こり、シミになってしまうケースもあります。

洗顔は優しく摩擦を避けるように行いましょう。

そして洗顔フォームも肌に優しい負担のかからないものを選ぶといいでしょう。

スキンケアを見直してシミ対策をしよう!

いかがでしたか?
シミ対策に効果的なスキンケア方法をご紹介しました。

紫外線対策、保湿、摩擦をかけない。

この3つを実践して、シミを予防して美肌を目指しましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする